皮膚の病気


マラセチア

マラセチアってなに?

マラセチアはカビ(真菌)の一種で、パグをはじめとする犬にもともと寄生しているものです。

つまり、普通は無害で気にすることもないのですが・・・。

たとえば、アトピー性皮膚炎でかゆくなって皮膚を引っかいたりすると、皮膚のターンオーバーが早くなってマラセチアの養分であるフケやアカが増えたりします。

また、何らかの理由で皮脂が増えたりすると、これまたマラセチアの養分が増えます。

こうなると、マラセチアが異常繁殖して皮膚が赤くなったり余計にかゆくなったりするのです。

なぜパグは気をつけなければいけないの?

パグの特徴といえば、お顔のシワシワ。

このシワシワは汚れがたまりやすく通気性も悪いので、マラセチアの格好のたまり場なのです。

しわが赤くなったり、痒がったり、強い匂いがしたりしたら要注意。

定期的に柔らかい布でしわを優しく丁寧に拭いてあげましょう。

また、普段のお手入れとしてはやはり定期的なシャンプ&リンスが欠かせません。

マラセチアを除去するためのシャンプーも普通に売っていますので、

「あれ?なんか皮膚が赤くなってるな・・・」

と思ったら、きちんとお手入れして気持ちよくさせてあげてくださいね。

スポンサードリンク


 

パグ質問掲示板