感染症


フィラリア

パグに限らず、犬の病気で一番気をつけなければいけないのが、この「フィラリア」。

人間で言えばマラリアにあたります。

 

なんでなんでこの病気に感染するのかというと、原因は「蚊」。

フィラリアは、先に感染した犬の血を吸った蚊が、ほかの犬の血を吸う時に「病原虫」を一緒に持ってきてしまうことで感染が広がるんです。

なので、蚊が活躍する春から夏にかけて気をつけなければいけません。

 

ウチで昔飼っていたワンコは、フィラリアなんて病気を知らずに何の予防もせずに外で飼っていたために罹ってしまいました。

血尿が出たり、おなかに水がたまって膨れてきたり、いつも咳き込んでいたり・・・。

病院に連れて行ったときは完全に手遅れ。寄生した虫が成長して、心臓に完全に絡み付いてしまっていた状態で、手の施しようもありませんでした。

 

飼い主の私が無知で、本当にかわいそうなことをしました・・・。(涙)

 

そう、フィラリアは、蚊が運んできた寄生虫が心臓や肺動脈などに住みついてどんどん成長してしまい、体の中を侵してしまう恐ろしい病気なのです。

なので、パグを飼うときは家の中だろうがなんだろうが油断は厳禁!

かならず予防をしてあげましょう。

 

まず、夏を迎える前に獣医さんに診察してもらい、蚊が出る4月くらいからから蚊がいなく11月くらいまで、定期的に予防薬を飲ませてあげること。

ご飯と一緒に紛れ込ませてしまえば、残さずキレイに平らげてくれます。(笑)

その後も、体重測定や血液検査をして適正な量の薬を処方してもらい、予防薬を毎月飲ませてあげれば安心です。^^

 

それともう一つは、「絶対に蚊を近づけさせないこと」!

ウチではケージの周りに90日蚊取りをぶん回し続けています。

※もちろん散歩に行くときも携帯してます。

 

また、一般的に妊婦犬はフィラリアの薬が飲めないようですので、「予防注射」も獣医さんと相談して考えておきましょう。

生後半年くらいから注射OKですし、妊婦でも大丈夫みたいです。

ただし副作用も少なからずあるみたいなので、判断は獣医さんにまかせましょうね。

スポンサードリンク


 

パグ質問掲示板