パグの出産


パグの出産!

誰よりもかわいくて仕方がない、うちのパグの子供が欲しいぃぃぃぃ!!!
と思うこと、ないですか?

私はあります(笑)

そして、産んでもらっちゃいました!

それが看板娘のウチのモルツなのです。

 

とはいっても、かわいいから欲しい!と簡単な気持ちで子どもを産ませるなんてことが許されるわけはありません。

パグのように頭の大きな犬種の出産は難産が多く、専門的な知識のない私たちが出産をさせるにあたっては、予想もつかないことが起こりえます。

流産や死産、育児放棄、身体障害・・・・こういったリスクがついて回ることを知っておかなければいけません。

 

また、産んでもらったからには、親パグ同様家族として大切に育てることが必要です。

多産で飼いきれないなどといった理由は言い訳になりません。

 

大切にしたいからこそ大切なお話。

パグの妊娠から出産・育児についてお話していきます。

 

ちなみに、パグも人間と同じで、若いうちの出産のほうが体の負担が少ないのですが、若すぎるとこれまたよくありません。

ですので、最初の生理のときはまだ女の子になったばかりのため、出産は避けなければなりません。

出産に適しているのは二回目の生理がきたときになります。^^

種付け・出産

「種付け・出産」一覧へ »

スポンサードリンク


 

パグ質問掲示板