TOP目の病気>白内障

白内障


白内障ってどんな病気?

パグは白内障にかかりやすい犬種です。

人間の白内障と同じで、通常は年を取ったことによる『加齢性白内障』のパターンが多く、5歳以下で発症した場合は『若年性白内障』と呼びます。

症状としては、人間と同じく

  • 眼の水晶体が白くにごる
  • 視力が低下する
  • 目やにが多くなる
  • 眼が充血する

などで、特徴として、

  • 物音に驚く
  • 歩くのがぎこちなくなる
  • 段差や障害物にぶつかってしまう

などがあります。

不幸中の幸いは「痛みを伴わない」ことなのですが、ゆっくりと進行する場合も急速に進行する場合もあるので、視力を完全に失ってしまう前になんらかの対処が必要になります。

ちなみに、目の「表面」が白くなっている場合は、『角膜混濁』という白内障とは違う病気になります。

予防や治療について

白内障の予防は難しいため、早めに発見・治療をしてあげることが大事です。

また、通常は5歳以上で発症しますが、白内障には先天性と後天性のものがあり、油断はできません。

後天性白内障で特に多いのが、外傷や糖尿病(そのほか中毒など)が原因になるパターンです。

白内障の初期で発見できた場合には、点眼薬や内服薬などの「薬」による治療が中心になります。

手術を行わなければならないのは、水晶体が半分以上濁ってしまってからです。そのため、薬で進行を遅らせてあげるわけですね。

あまり年を取ってからですと手術はもちろん体に負担をかけてしまいますので、早めに発見できるように、糖尿病を含め定期健診に連れて行ってあげてくださいね。

スポンサードリンク

同じカテゴリーのコンテンツ

パグ質問掲示板